キッチンリフォーム

キッチンをリフォームするなら床や壁も

折角キッチン自体をリフォームして綺麗にするのですから、床や壁も好みの物に替えてみるのもキッチンで料理をするのが楽しくなりますよね。
そこで、キッチンで使われている壁や床の素材などを詳しく見てみる事にしましょう。

キッチンに使う床の素材を考える

キッチンと言う場所は油で汚れる事が一番やっかいな汚れです。油にホコリなどが付くとさらに汚れが目立ち、落としにくくなってしまいます。
ですので、床を選ぶ時には、油汚れに強い、掃除がしやすいと言う点を考慮して選ぶといいでしょう。
また、キッチンでは料理をする時結構移動します。シンクの場所からコンロへ、コンロから食器棚へなど頻繁に移動しますので、動きやすい素材も求められるのです。

キッチンの床の素材

それではどのような素材が良く使われているのかを見てみる事にしましょう。

クッション素材

これは、表面がビニール材で出来ていますので、水に強いと言う特徴を持っています。キッチンは水を使う場所でもありますので、水に強いのは助かります。また、油汚れがあっても水拭きをする事も出来るので清潔に保つ事が出来ます。厚みや柄が豊富に揃っているのも魅力的なのですが、選ぶ柄によっては安物に見える事もありますので、選ぶ時は注意が必要です。

合板のフローリング

木を何枚か合わせて作ったフローリングです。見た目が木ですので、オシャレに見える事もありますし、水にも強いのでいいのですが、油汚れが付きやすいと言う弱点もあります。また、素材が木ですので、キズが尽きやすいと言うデメリットもありますので、取扱にはきをつけないといけません。

無垢材のフローリング

この材質は合板と違い一枚の木で出来ています。ですので、合板よりかは価格が高くなってしまいますが、裸足で歩いても感触が良く気持ちがいいです。また、キズにも強いですので、多少の事ではキズが付かず心配いりません。
しかし、水に弱いと言う弱点があります。水をそのままにしておくと中にしみこんでしまいますので、早めにふき取るようにしなければいけません。

タイルの素材

これはご存じの方も多いのではないかと思います。お風呂場でも良く見かけるタイルですね。水、油にも強くて、キズも付きにくいですので、安心して使用する事が出来ます。ただ、タイルとタイルの間はどうしても汚れがちになってしまい、タイルとタイルの間は掃除がしにくいと言う難点も抱えています。また、材質的にどうしても冷たくなってしまいますので、スリッパを履く事をオススメします。

コルクの素材

コルクと聞いてびっくりする方もいらっしゃるかもしれません。
コルクと聞いたら、ワインのふたになっている物や、写真などを壁に飾るコルクボードを思い浮かべると思います。それを思い出すと結構柔らかいですよね。しかし、今コルク素材の床は人気が出てきているのです。特殊な加工を表面に施していますので、汚れに強くなっています。
ただ、価格が割高になってしまうのが難点です。

キッチンの壁の素材

キッチンの壁はキッチンの雰囲気を決める大きな部分でもあります。ここの素材や柄選びを失敗すると使いにくいキッチンになってしまう可能性もありますので、気を付けたい部分でもあります。

キッチンの壁素材選ぶポイント

まず、キッチンの床と同じように汚れに対して考えないといけません。特 コンロ周りは油でとっても汚れてしまいます。また、コンロでは火を使いますので、防火、耐火性にすぐれている素材を使わないと危険です。
コンロの周りと他の壁は違う色や柄にしてもオシャレに見えますので、床の素材や柄なども見ながら揃えていくといいのではないでしょうか。