キッチンリフォーム

食器洗い乾燥機をリフォームついでに設置

最近のご家庭でも食器洗い乾燥機が普及していて、取り付けているところも増えてきています。
食事をしてお皿を洗う時間を短縮する事が出来ますので、食後の時間をゆったりとすごす事が出来ますのでとっても楽にお皿を片付けることができますね。
まだ、設置していないご家庭でもリフォームのついでに取り付けようと考えている人もいるのではないでしょうか。
そんな食器洗い乾燥機ですが、どのような点を注意して選んでいけばいいのでしょうか。

食器洗い乾燥機のタイプで考える

食器洗い乾燥機の設置の仕方は色々あると思います。
多分、今一番使われているのはキッチンに据え置きできるタイプで後から食器洗い乾燥機だけを買っておいているものではないかと思います。
これならキッチンを設置するときにには食器洗い乾燥機がついていなくても後からでも食器洗い乾燥機をつけることが出来ますので数多く普及しているのだと思います。
では、実際に食器洗い乾燥機を設置しようとしたときにどのタイプにするかどう考えるかご紹介していきます。

据え置きタイプ

コチラのタイプは先ほど少し触れましたが、後から購入して設置するようなタイプになります。
リフォームをしなくてもキッチンにあいているスペースがあり、食器洗い乾燥機をおく事が出来ればだいたい設置をする事ができます。
リフォームをして、後から食器洗い乾燥機が欲しくなったとしても使う事が出来ますので、大変助かります。
但し、あいているスペースによって食器洗い乾燥機を置く事が出来る大きさが決まってきますので、あまりスペースがないと小さいタイプしか置く事が出来ずに家族分の使用したお皿をすべて収納する事が出来なくなってしまう可能性もありますので、気をつけなければいけません。

引き出しタイプ

これは据え置きタイプと違って、キッチンの収納の部分の一部または一箇所を食器洗い乾燥機にする方法です。キッチンには色々な引き出しがついていますが、その一つが食器洗い乾燥機になっていると考えてください。
このタイプならキッチンの上に置く必要がありませんので、スペースを気にする事もありませんし、外観が変わってしまう事もありませんので、キッチンをスッキリとさせたい場合には有効です。

また、引き出しタイプで深くなっていますので、大きなお皿を入れる事も出来ますし、引き出しを引き出す長さが長ければ沢山のお皿を一回で洗うことが出来ますので、家族が多いご家庭ではとっても便利な食器洗い乾燥機になると思います。

但し、このタイプはこの部分だけを購入して入れ替えるという方法はできませんので、リフォームの際に取り付けるしかありません。
もしリフォームをするのでしたら入れておきたい機能ではあります。

食器洗い乾燥機選びのポイント

食器洗い乾燥機を選ぶ時にはまず大きさを考えましょう。据え置きタイプならキッチンにどれくらいのスペースがあるのか、実際に設置することが出来るのかしっかりと寸法を測ることが大切です。適当に寸法を測って大丈夫だろうと安易な考えで購入して実際に設置しようとしたらキッチンからはみ出してしまい安定しないなどとなってはとってももったいないですからね。

逆に引き出しタイプを考えている場合は、キッチンすべてを取り替える方が多いかと思いますので、場所の心配はありませんが、収納が一つ減るという考えは持っていなければなりません。引き出し一つが食器洗い乾燥機になりますので、あとからもっと収納が欲しかったといっても遅いですよ。

そして、実際の食器洗い乾燥機の機械の音などを聞くことが出来れば作動しているときの音などを聞いてみましょう。
機械のモーターの音や水の音などを聞いてみてうるさくないか、耳障りではないかなどに気を配ってみてください。
夜寝る前に食器洗い乾燥機を作動させると意外とモーターや水を出す音などが気になるという場合がありますので、実際に作動される事が出来るものは作動させて聞き比べたりしてみましょう。

Valuable information

2016/10/11 更新